海文堂出版 海運と港湾

今まで得た知識の再確認の他、船舶港湾についての、経済産業的
側面を俯瞰する上で、最適の一冊と思います。

(別にアマゾンにカスタマーレビューするつもりはありませんが)

初めて知ったことで、興味深いのは、以下になろうかです。

1) LNG船の燃料として、LNGを使う事が実用化され就航してる。

2) ビルゲイツが、自分の成し遂げたコンピュータの大衆化以外で、20世紀最大の革命的出来事として、コンテナ船の運行を揚げている。

3) 船内での犯罪、民事もめごとの解決の為の法律として、船籍国の法律が適用される。

4) 頓挫したと思っていた北極海航路の実現化が進められているが、ロシアの利権思惑、砕氷技術と船への応用がまだで、エスコート船が必要ではあるが、近いうちに実現可能となり、運賃コストの問題はあるが、欧州向け、大幅トランジット削減、海賊問題の解消につながる。

関連リンク : http://containerlogi.com/category3/entry186.html

5) 世界最初のコンテナ船を就航させたシーランド社は当初、職がなくなることによる、ニューヨークの港湾マフィアに多額の裏金を渡す必要があった。

6) 日本のコンテナハブ港衰退化解消、内航船活性化策として著者が提案されている、那覇港の国際ハブ港化は、なるほどと感心させられ、中国、韓国、台湾に負けてる海運業界活性化に必要と思う。