各データベース バージョン取得SQL


/* MySQL */
SELECT VERSION();

/* Firebird */
SELECT rdb$get_context('SYSTEM', 'ENGINE_VERSION') from rdb$database;

/* PostgreSQL */
SELECT version();

/* SQL Server */
SELECT CAST(SERVERPROPERTY('productversion') AS VARCHAR(30));

/* SQL AnyWhere */
SELECT TOP 1 version
FROM SYSHISTORY
WHERE operation = 'START'
ORDER BY first_time_utc DESC;

/* sqlite */
select sqlite_version();

/* Oracle */
select * from v$version WHERE ROWNUM = 1;

Tomcat9 JNDIデータソースの設定

プーリングコネクションするJNDIの設定を、server.xml に記述します。

[ 設定例 MySQL ]


      <Resource 
      driverClassName="com.mysql.jdbc.Driver" 
      maxActive="300" 
      maxIdle="100" 
      maxWait="5000" 
      name="jdbc/DATABASE_NAME" 
      password="??????" 
      type="javax.sql.DataSource" 
      url="jdbc:mysql://localhost:3306/DATABASE_NAME?characterEncoding=utf8&amp;autoReconnect=true&amp;useSSL=false" 
      username="??????" 
      
      validationQuery="select 1"
      testOnBorrow="true"
      testWhileIdle="true"
      timeBetweenEvictionRunsMillis="60000"
      />

5.7系にバージョンアップした時、はまったのですが、非リモートサーバーのデータベースの場合、urlに useSSL=false を入れる必要あります。(ないと劇遅)
Oracleの中の人に教えてもらったのですが、同一ホスト内の場合、127.0.0.1 より localhost が速いそうです。

[ 設定例 Firebird ]


    <Resource
      name="jdbc/DATABASE_NAME"
      type="javax.sql.DataSource"
      driverClassName="org.firebirdsql.jdbc.FBDriver"
      password="????????"
      maxIdle="40"
      maxWait="5000"
      username="????????"
      url="jdbc:firebirdsql:localhost/3050:DATABASE_NAME?lc_ctype=SJIS_0208"
      maxActive="100"
      
    />

[ 設定例 Oracle ]


    <Resource
      name="jdbc/SID_NAME"
      type="javax.sql.DataSource"
      driverClassName="oracle.jdbc.driver.OracleDriver"
      password="SID_NAME"
      maxIdle="40"
      maxWait="5000"
      username="????????"
      url="jdbc:oracle:thin:@???.???.???.???:1521:SID_NAME"
      maxActive="100"/>

[ 設定例 PostgreSQL ]


    <Resource
      name="jdbc/DBNAME"
      type="javax.sql.DataSource"
      driverClassName="org.postgresql.Driver"
      password="???????"
      maxIdle="40"
      maxWait="5000"
      username="??????"
      url="jdbc:postgresql://127.0.0.1/DBNAME"
      maxActive="100"/>

[ 設定例 SQLServer ]


     <Resource
      name="jdbc/DBNAME"
      type="javax.sql.DataSource"
      driverClassName="com.microsoft.sqlserver.jdbc.SQLServerDriver"
      password="??????"
      maxIdle="40"
      maxWait="5000"
      username="??????"
      url="jdbc:sqlserver://???.????.???.???:1433;DatabaseName=DBNAME"
      maxActive="100" />

ケータイ用インドネシア語辞書

昔、インドネシア語を勉強してた時期があり、ふさわしい電子辞書がないので、自作しました。
国内でインドネシア語を勉強してる人、日本人インドネシア駐在員の方々、在日インドネシア人の人達にご好評で、一時期、多数のアクセスがありましたが、最近はガラケー利用者が少ないのか、時代遅れなのか、過疎な状態です。

URL : http://saoline.co/kamus/

特徴としては、

1) 印 => 日 検索で、ローマ字が出る
2) 日 => 印 検索で、ひらがな、ローマ字が使える
3) 検索結果を一時的に記憶して、一覧で見れる

だけです。

上画面例訳語を見て、初めて知った言葉、polisi tidur は、警察 : 睡眠 が日本語訳になり、面白い表現で少し笑えます。

辞書データは下サイトの運営者作成のを、使わせて頂いてます。

http://www.geocities.jp/indo_ka/bahasa/id_soft.htm

Firebird の特徴

Firebird 日本ではあまり使われてませんが、海外ではMySQL, PostgreSQL と同じ位使われ、三大OSSデータベースのひとつと言われてます。
特徴、列挙すると、

1) 管理が少なく、ほっておいても雑草のようにちゃんと動く
2) プアな環境でも動き、ハードコスト、利用コストを抑えられる
3) 一通りの機能は揃っていて、他DBからの移行も容易
4) トリガ、ストアド、ストアド導出テーブル、ユーザー定義関数、揃っていて海外ではスモールオラクルと言われてる
5) データベース毎にファイルが1個で管理しやすい
6) Windowsでも使いやすい
7) SQLが標準に近く、くせが少ない
8) サーバー用のsuper serverと組込用のclassic server に別れ、組込用途で使いやすい
9) 文字コードの対応が豊富
10) インストール容量が小さく、すぐに準備出来る
11) 自作UDFを組み込める
12) 日本語の情報は少ないが、外国語のは多く、ロシア語、ポルトガル語、インドネシア語の情報が多い
13) IDEが豊富にあり、好みで選べる
14) コマンドラインの isql で mysql, psql と同等の事が出来、ステータス確認用SQLも普通に揃ってる
15) チューニング項目が少なく、何もしなくても高パフォーマンスが得られる

本家 Home : https://firebirdsql.org/

IBPhoenix : https://www.ibphoenix.com/

Wikipedia : https://ja.wikipedia.org/wiki/Firebird

日本ユーザー会 : http://tech.firebird.gr.jp/firebird/index.php?firebird_xsite=0

キムラデービーブログ : http://blog.kimuradb.com/